BLOG ブログ

【富士市】不動産売却・査定のご相談なら!媒介契約の種類とは?中古住宅も豊富に取り扱い

【富士市】不動産売却・査定のご相談なら!媒介契約の種類とは?中古住宅も豊富に取り扱い

富士市などで中古住宅などの不動産を売却するさいには、査定依頼に始まり、不動産会社と媒介契約を結ばなければなりません。その媒介契約には3種類あります。まずはそれぞれの特色を知っておきましょう。

今回は富士市で不動産売却をおかんがえの方に、媒介契約の種類や特色について解説していきます。自分に合った媒介契約を結び、不動産売却をスムーズに進めるためにもぜひ参考にして頂けると嬉しいです。

不動産売却の際に必要な媒介契約とは?

富士市で中古住宅などの不動産売却を考える際には、まず査定を依頼し、内容に納得できたら不動産会社と「媒介契約」を結びます。
その媒介契約とはいったいどのようなものなのでしょうか?簡単にお伝えすると、
「不動産売却の仲介をするにあたり、どのようにして売るのか、どのように不動産会社と関わっていくのかを示した契約」です。
媒介契約には3つの形態が用意されています。

🔶一般媒介契約
---------------------
この契約を結ぶと、何社にも仲介(売却の依頼)ができるため、売れるチャンスが大きいというメリットがあります。自分で買い手を見つけてくることも可能です。

また、数社に依頼することで仲介料を得るために不動産会社間で競争が生じるため、不動産会社に早めに買い手を見つける努力が期待できます。

ただし、買い手が早く見つかった場合、不動産売却の価格が安くなってしまう場合もあるので、おもちの不動産の値崩れには注意が必要です。自由度の高い契約のため、不動産会社との結びつきは弱く、売却に対しての報告も任意です。また、複数社に売却の依頼をしていると、問い合わせや金額の変更など、物件に動きが出た場合の連絡等の管理は所有者さんご自身で行う必要があるため、自分自身でも売却のため動くことができる方に向いています。


🔶専任媒介契約
---------------------
自分でえらんだ1社に不動産売却を任せる契約です。全国の不動産物件管理システムにも登録する義務があるため、全国で不動産情報を共有することができます。

一般媒介契約に比べて不動産会社との結びつきが強く、基本的にすべて任せられるのでやり取りも楽です。定期的な活動報告もあるため、不動産売却の状況がどのようになっているのかの確認もしやすいでしょう。

ただし、信頼のできる不動産会社を選ばないと、任せても不動産売却がなかなか進まず、報告もないといった状況に陥ってしまうリスクがあります。信頼できる不動産会社がある場合には向いている契約だといえるでしょう。


🔶専属媒介契約
---------------------
こちらも専任媒介契約とおなじく、1社のだけとの契約になります。3つの媒介契約の中では不動産会社との結びつきが一番つよい契約です。

全国の不動産を管理しているシステムに売却する物件の情報を短期間で登録しなくてはならないため、全国の不動産会社への情報が早く伝わるろいうメリットがあります。また、1週間に1度は進捗の報告があるため、売却の現状を把握しやすくなっています。

専属媒介契約を結ぶと、不動産会社は早く売却できるように広告を出すなど、様々な積極的な活動をしてくれます。ただし、売り手が自分で買い手を見つけることが出来ないため、自由度は低いというデメリットもあります。

これら3つの媒介契約には、それぞれにメリット、デメリットがあります。違いや、メリット、デメリットをよく理解して、どの契約を結ぶか決めることが大切です。

また、いずれの媒介契約を結ぶにしても、重要なのは信頼できる不動産会社に依頼することです。信頼のできる不動産会社を見つけることができれば、どのような不動産売却方法が自分に合っているのか相談することもできるでしょう。

ちなみに、不動産会社が「買取」を行う場合、媒介契約は必要ありません。媒介契約は、不動産売却において「仲介」(※ここにおける仲介とは不動産売却のあっせんを意味します。)という方式を選んだ場合に結ぶ契約だということを覚えておくとよいでしょう。

富士市で不動産売却をお考えなら、株式会社ist(イスト)へお問い合わせください。株式会社istでは、査定はもちろん、どのような売却方法がよいのかや、売却の事前相談なども親身に対応させていただきます。
中古住宅や、マンションなどの売買にも対応しておりますので、富士市・富士宮市での不動産売却ならお気軽にご相談ください。

CONTACT
お問い合わせ

不動産の売却・買取に関するお問い合わせ
相談・査定依頼を受け付けています。